• 電力自由化によって、家庭や企業向けの伝料供給の形態が大きく変わってきます。
    今までは、発電から電送、家庭への電力供給と小売りが一体となっていましたが、自由化によって伝送部門が独立し、発電と電力の小売りについて一般の企業が参入できるようになりました。
    私たち一般市民にとって電力自由化のメリットとしては、小売部門の業務の一般開放です。
    資源エネルギー庁に多数の参入申請があり、それは電力とは直接関係のない業種もあります。
    一般家庭としては、電気料金の値引きだけでなくガス会社や旅行会社、携帯電話会社など、それらの会社独自のサービスを期待できます。
    新規参入企業が提示するプランで、自分に合ったプランを探すことによって、ライフスタイルを向上させることができるでしょう。
    関東や関西、中部地方に住んでいる方は、東京電力が有力な電力会社の候補です。
    そこは激戦区の関東などで2000万家庭以上の契約を誇っています。
    迷っているなら東京電力を選んだほうが間違いはないでしょう。
    東京電力では、従来と同じようなスタンダードプランやプレミアムプラン、それに夜の電力使用量が多い方のために夜トク12という午後9時以降の電力単価が低くなるプランが提示されています。
    自分のライフスタイルに応じて、得になるようなプランを選べば生活費を節約することができるでしょう。
    https://www.denryoku.com/