• これまで歯周病患者は中高年や高齢者多いといった印象が強くありました。
    しかし、最近では若い世代、さらには子供も歯周病になっているケースが増えているのだそうです。
    歯周病になると歯周ポケットと呼ばれる歯茎の溝が深くなり、歯垢や菌が歯周ポケットにたまりやすくなります。
    さらに、歯周ポケットは磨き難いため、ますます汚れと菌がたまってしまうのです。
    そして、菌によって炎症が起こると、腫れと痛みを伴うようになります。
    さらに悪循環が続いてしまうと、歯茎の健康が段々と損なわれてしまい、歯を失う結果ともなりえるのです。
    この悪循環を断ち切る、あるいは悪循環に陥ることを避けるためには、歯周病が進行する前に予防をしておくことが大変重要なこととなります。
    歯周ポケットの汚れをしっかり落とし、菌の増殖を防ぐことがまず第一に必要な予防策です。