• 株式会社アイケープラストは生駒化学工業のグループ企業として2005年に設立された、比較的新しい企業です。
    食品を入れるようなプラスチック容器の製造を主に行っています。
    取引先からの厚い信頼のもとアイケープラストは順調に事業拡大しており、2009年には第2工場が操業を開始し、2016年には第3工場が操業予定です。
    食品を扱う容器のため製造現場をクリーンルーム化するなど徹底した品質管理を行い、また徹底的に自動省人化された工場はコスト競争力も併せ持っています。
    自然界で放っておいても分解しないプラスチックを利用した製品の製造、流通させる業務のため、環境問題はアイケープラストにとって身近な問題ととらえ、とくに気を使っています。
    省エネルギーやリサイクルは環境負荷を抑えるとともに、コスト競争力にも影響してくる重大な項目です。
    そのため、それらに積極的にかつ継続的に取り組むことを理念とし、環境マネジメントシステムのISO14001を取得しています。