• 日本では健康食品や化粧品などの広告には一定の規制があります。
    たとえば医薬品などと違い、効能を書いてはいけないといったものです。
    効能を書くとそれは医薬品とみなされ、医薬品は認可制なので認可されていない医薬品を売ったということで薬事法にひっかかるのです。
    薬事法ドットコムでは、そういった薬事法にまつわる広告の約束事に関して、コンサルティングを行っています。
    この約束事は表現に関する話なので法律の文言を知っているだけでは足りず、これまでの行政指導の内容や判例などを的確におさえていないとそれに沿って広告を出すことが難しいのです。
    完全に避けようと思ったら、まったくアピール力のない広告になってしまいます。
    薬事法ドットコムのような専門家であれば、こういった表現であればセーフ、ここまで書いたらアウトというラインをこれまでの事例にもとづいて的確に判断してくれるため、広告を最大限に活用することができるようになります。
    危険を避けるあまりまったく魅力のない広告と、ぎりぎりまで踏み込んだ魅力ある広告の商品では勝敗は明らかです。
    こういった規制があるがゆえに、逆に工夫ひとつで他よりも頭ひとつ抜きん出ることが容易になります。
    ライバルに差をつけたい、という方は薬事法ドットコムへ相談するといいでしょう。