• 日々いろいろなことが変わりゆく社会の中で、企業も社会の動きに合わせて変化をしていかなければならないということはあるのではないかと思いました。
    そして「企業で働く人」というものも、変化していかなければならないものなのではないかと。
    「人」ということで考えますと、「社会が人を育てている」ということは言えると思いますから、たとえば「ゆとり教育」で育てられてきた人々やその他の人々など、「その社会がどういう人間を育ててきたのか」ということも、考えていくことなのではないかと思います。
    その世代その世代で考え方に違いや特徴があるのではないかと思いますので、それを考慮しながら「人材育成を行う」といいのではないかと思いました。
    企業が生き残れるかどうかに「人材育成」ということは、大事な要素なのではないかと思いました。